美濃焼 マグカップ 握りやすい広めの持ち手のスリムなマグカップ 200ml <GIFU>

¥2,640 (税込)

クリア

贈りもの

最大で 24 Pts取得できます。

商品コード: 該当なし タグ: ,

<MADE IN GIFU>

■カラー:錆かいらぎ / 象がん十草 / しのぎ

■容量:200ml

■サイズ:Φ76×W108×H99

 

※電子レンジや食洗機でのご使用はお控えください。

土ものならではの

落ち着いたマット感と

握りやすい大きめのハンドル

 

美濃焼のマグカップです。

握りやすいように広めの持ち手になっているので、持ちやすく使いやすい形状になっています。

比較的背が高くスリムな形状なので、スタイリッシュさがありながらも陶器というカジュアルなテイストとのバランスをお楽しみ頂けるマグカップになっています。

 

200mlという使いやすいサイズ感も魅力。

 

独特な雰囲気と落ち着いたテイストが和やかな食卓を演出してくれます。

美濃焼のあるコーヒータイムはいかがでしょうか。

 

 

 

 

 

■選べる3つの柄

 

<錆かいらぎ>

釉がちぢれてきた独特な表情のかいらぎ。

茶道の世界では昔から「景色」としてその味わいを楽しんできた柄。

落ち着いた色合いで、日々の食を鮮やかに引き立ててくれます。

※かいらぎの特性から釉薬がヒビ割れてしまうものがありますが、これはかいらぎという釉薬の趣きでして品質には問題ございませんのでご理解くださいませ。

 

 

<象がん十草>

「象嵌(ぞうがん)」とは工芸の加飾方法のひとつです。

表面を削り、削った部分に違う素材を埋め込み、柄を表現します。

土ものらしさ、自然の風合いを大切にし、ひとつひとつを手づくりしています。

※多少の色、サイズ、表面の仕上がりが異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

 

 

<しのぎ>

土を削いで表現された「しのぎ」は、土の表情や釉薬の濃淡を楽しめます。

土ものらしさ、自然の風合いを大切に、ひとつひとつを手づくりしています。

※多少の色、サイズ、表面の仕上がりが異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

 

 

 

 

■カラー
錆かいらぎ / 象がん十草 / しのぎ

■容量
200ml

■サイズ
Φ76×W108×H99

 

 

 

 

ご使用上の注意
・電子レンジのご使用、食器洗浄乾燥機のご使用はお控えください。
全て手作業で行われているためサイズや形状、色味がそれぞれ多少異なります。
・サイズ表記と若干の差があることをご了承ください。
・個々の違いを手作りの味わい、意匠としてご理解いただきますようお願いいたします。

 

 

 

 

陶磁器の国内生産約50%を占める一大産地 岐阜県 “美濃焼”

 

奈良時代から受け継がれ続けている伝統工芸。

美濃焼は、「美濃」という現在の岐阜県で生産されてきた陶磁器です。

奈良時代の「須恵器(すえき)」が起源とされており、安土桃山時代に全盛期を迎えたとされています。

時代とともに継承と技術革新が繰り返され、私たちの食卓には欠かせない存在になっています。

 

 

 

 

兵山窯

桃山時代から続く美濃焼の兵山窯四代目与左衛門は、名士として知られ、器を織田信長に献上した折、その技を称えられ、羽柴の姓を下賜された窯元。
現在でもその姓と技術は伝承され、現在の当主である羽柴兵哉さんは今もなお、ひとつひとつ手作業で製作を行っています。
 
少量生産だからこそ、常識にとらわれないモノづくり。
 
兵山窯でつくり上げる器は、白化粧をかけたり削ぎを入れたり、また染付や赤絵など多岐にわたります。
その技術だけでなく、研ぎ澄まされた感性の良さで洗練された器をつくり出しています。
 

食を豊かに生活を楽しくする、気取らない普段着の器をと日々陶魂を燃やす窯元さんです。

 

 

 

レビュー

レビューはまだありません。

以前にこの商品を購入したことのあるログイン済みのユーザーのみレビューを残すことができます。

関連商品

産地で培い受け継がれてきた日本製

afugi (オウギ) ONLINE STORE – "日本製"生活雑貨の通販サイト –

<MADE IN JAPAN>
たずねる。心づく。豊かな暮らしを。
「産地を訪(たず)ねる」
「歴史や文化を温(たず)ねる」
「いろんな職人技に心づく」
各地の素晴らしい技術や伝統で
心地よく豊かなライフスタイルを
ご提案致します。

brand afugi
online store https://afugi.net/
open online 24h
tel 03 6820 2079
contact info@afugi.net
instagram @afugi_jp