afugi (オウギ) ONLINE STORE – 生活雑貨の通販サイト – 日本製の生活雑貨を取り扱うONLINE STOREです。afugiは"生活雑貨の産地直送"をテーマとしたJAPAN made product brandであり、”create new classic” をコンセプトに古き良き日本の伝統産業や文化の継承、ルーツや意義を尊重しつつも現代に馴染むロジックを構築した、本物志向な “新しい定番” を創造します。

甘さがひき立つコーヒーの淹れ方。

 

 

 

甘さがひき立つコーヒーの淹れ方

 

 

 

 

甘さのあるコーヒーがお好きな方も多いのではないでしょうか。

 

そもそも、

「甘いコーヒーってどんな味わいなの?」

そして

「コーヒーの甘みを抽出する淹れ方を知りたい」

 

と気になる方もいらっしゃるかと思います。

 

 

 

「本当においしいコーヒーは甘い」

 

といわれるように、コーヒーは甘みを楽しむものだったりもします。

 

 

 

 

 

 

 

コーヒーの淹れ方の基本的な知識

 

 

 

<その①>:甘みのあるコーヒーとは

 

コーヒーは大きく苦味と酸味の味わいが多いですが、なかには甘みのあるコーヒーもあります。

コーヒーの甘みは主に2つの成分があります。

 

フラノン類:糖類が加熱されて生じる香り成分。

バリニン:コーヒー豆本来が持つ香り成分。深煎り豆に多い。

 

 

 

<その②>:コーヒーの味わいが出る順番

 

コーヒーは段階で出る味わいが変わります。

 

1. 酸味 → 2. 甘み → 3. 苦味 → 4. 雑味

 

甘みを引き出すにはバランスよく抽出する必要があるのです。

 

 

 

<その③>:抽出のタイミング

 

コーヒーは過抽出、未抽出によっても味わいが変わってきます。

 

過抽出:コーヒーの成分を抽出しすぎて雑味などが出てしまう状態

未抽出:コーヒーの成分の抽出が不十分で、味わいが引き出せていない状態

 

 

 

<その④>:適切なお湯の温度

 

甘みを引き出すには、適切な温度のお湯を使います。

なぜなら、温度が高いと過抽出気味に、温度が低いと未抽出気味になってしまうからです。

 

浅煎り豆では「92度」

中煎り豆では「85度」

深煎り豆では「80度」

 

くらいを目安にすると良いでしょう。

 

 

 

<その⑤>:適切なお湯の注ぎ方

 

お湯の注ぎ方も甘みを引き出すための大事なポイントです。

お湯を荒めに注ぐと、フィルターの中で粉がかき混ぜられて成分が抽出されやすくなります。

 

深煎り豆:苦味が出過ぎないように優しく注ぐ

浅煎りの豆:甘みを引き出すために荒めに注ぐ

 

 

 

<その⑥>:適切なコーヒーの抽出時間

 

抽出時間にも気をつけると、甘みがより引き出ます。

抽出時間が長くなればなるほど成分が抽出されるので、苦味や渋味主体の味わいになります。

コーヒーの抽出時間は3分を目安に、調整していくと良いでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

豆本来の甘さがひき立つ濾過(ろか)フィルター

 

 

甘さがひき立つ濾過(ろか)フィルターです。

50μmの高品質な小さな穴(多孔質)による濾過(ろか)技術により、豆本来の甘さを楽しめます。

 

 

 

独自の濾過技術により雑味や苦味を約70%カットし、コーヒー豆本来の甘みを引き出し、いつものコーヒーをすっきりとまろやかにしてくれるのです。

この濾過フィルターは、長年の研究開発の末にあみ出されたコーヒー抽出のための最適な孔寸法・形状・厚みになっています。

ペーパーでは抽出できない澄みわたる旨味とまろやかさは、いつもの豆を別格にしてくれます。

 

 

 

 

 

科学的に実証された味の変化

 

雑味・苦味を抑え、コーヒー豆本来の甘みを。

LOCAで淹れたコーヒーの味の変化をとらえるため、味覚認識装置による比較テストを行いました。

結果はペーパーフィルターでドリップしたコーヒーに比べ、旨味はそのままに、雑味・苦味を抑え、甘みを感じやすくなることが証明されました。

 

 

<実験機材(株)インテリジェントセンサーテクノロジー味覚認識装置 TS-5000Z 佐賀工業技術センターにて>

 

 

 

 

 

甘さがひき立つ濾過フィルターでのコーヒーの淹れ方

 

 

 

STEP①:フィルターの湯通し

フィルターに十分な量の熱湯を注ぎ、湯通りを確認します。

冷水は使用せず熱湯で行ってください。

 

 

 

 

    ↓

STEP②:豆の挽き方

粗めを推奨します。

グラインダーの最も粗いメモリに設定してください。

 

 

 

    ↓

STEP③:お湯の注ぎ方<蒸らし>

目安量の豆をフィルターに入れ、豆が浸る程度のお湯を注ぎ30秒ほど豆を蒸らします。

 

 

 

 

    ↓

STEP④:お湯の注ぎ方<抽出>

その後4分ほどかけ5~6回に分けてお湯を注ぎます。

フィルター内の湯量が多いほど抽出速度は上がります。

 

 

 

 

 

手入れをすれば、何度でも使用可能

 

 

日常のお手入れは水洗いとお湯通しだけで問題ありません。

お手入れを行えば半永久的に繰り返し使えるサステナブルなフィルターです。

目が非常に細かいため使用を繰り返すと目詰まりが発生します。

 

 

 

抽出スピードが遅くなったと感じたら以下の解消法をお試しください。

 

<焼成>:網の上に乗せて5分間直火で焼いてください。

または

<煮沸>:沸騰した鍋に入れ10分間煮沸してください。

 

重曹を少量(スプーン2杯)いれると高い洗浄効果があります。

 

 

 

・必ずフィルターの口を上向きにしてください。
・ぬるま湯でよく洗い、重曹を落としてからご使用ください。
・重曹(ベーキングパウダー)は、必ず食品添加物、制酸剤などとして販売されているものをご使用ください。
・煮沸後のフィルターは非常に高温です。十分冷ましてから手にとってください。
・焼いた後、急冷すると割れる恐れがあります。
・煮沸時間が足りないと改善が見られない場合があります。

 

 

 

 

 

 

LOCA コーヒーセラミックフィルター

 

 

 

あなたのコーヒーは、もっとおいしくなる。

ろか、抽出工程で決まるコーヒーのおいしさ。

LOCA独自のセラミックテクノロジーが立体的に雑味を除去し、コーヒー本来の澄んだおいしさと香りを引き出します。

究極のコーヒーを、誰でも手軽に。

 

 

 

有田焼の窯元としては後発の久保田稔製陶所が、何か有田の地から新たなものをという思いから、セラミック(陶器)が持つ独特の数十ミクロンの穴を利用したコヒーフィルターを作りました。

コーヒーの美味しさは、ろかと抽出工程で大きく変わります。

独自のセラミックテクノロジーを注いで開発したLOCAは、立体的に雑味を除去し、コーヒー豆本来の澄んだ美味しさと香りを引き出す究極のフィルターです。

一見液体を通すような素材には見えませんが、既述の通り小さな穴が無数に空いています。

微細な不純物を徹底して取り除きつつ、ペーパーフィルターでは抽出できないコーヒーのオイルを抽出することが可能になり、これまでにない、まろやかな味を実現しています。

 

 

 

 

 

 

関連商品

日本製に囲まれたライフスタイルを。

afugi (オウギ) ONLINE STORE – 生活雑貨の通販サイト –

生活雑貨の”産地直送”
『create new classic』
ライフスタイルの新たな定番を創造する
JAPAN made product brand

brand afugi
website https://afugi.net/
open online 24h
tel 03 6820 2079
contact info@afugi.net
instagram @afugi_jp

コメントは受け付けていません。

afugi (オウギ) ONLINE STORE – 生活雑貨の通販サイト – 日本製の生活雑貨を取り扱うONLINE STOREです。afugiは"生活雑貨の産地直送"をテーマとしたJAPAN made product brandであり、”create new classic” をコンセプトに古き良き日本の伝統産業や文化の継承、ルーツや意義を尊重しつつも現代に馴染むロジックを構築した、本物志向な “新しい定番” を創造します。

日本製に囲まれたライフスタイルを。

ONLINE STORE:www.afugi.net
MAIL:info@afugi.net

03 6820 2079

online 24h

MAPを見る

New title

[easyinstagramfeed]