afugi (オウギ) ONLINE STORE – "日本製"生活雑貨の通販サイト – 日本製の生活雑貨を取り扱うONLINE STOREです。"生活雑貨の産地直送"をテーマに、日常生活に寄り添うライフスタイルプロダクトをご提案しています。日本製を嗜み、豊かに暮らす。そんな心地いいライフスタイルの新たな定番を創造していくブランドです。

なんでオーガニックコットンは環境にやさしいの?育てる環境と管理方法とは。

 

なんでオーガニックコットンは環境にやさしいの?育てる環境と管理方法とは。

 

 

 

 

オーガニックコットン。

 

なんとなく”いいもの”という印象は誰にでもあるかと思います。

それはコットンなどの素材だけではなく、野菜などの食物も同じように高くていいものというイメージがあります。

 

値段が高いだけあって品質もいい。

肌にやさしい柔らかい素材だからこそ、肌が弱い方や、赤ちゃんなど小さいお子さんにはおすすめの素材といえます。

 

 

 

そんなオーガニックコットン。

「環境にもやさしい」のはご存知でしょうか。

 

なんとなく聞いたことがある方も多いかと思いますが、なぜ環境にやさしいのでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

第三者機関による徹底した管理での栽培

 

そもそもオーガニックコットンは、無農薬で栽培されるコットンです。

その無農薬というのが、かなりの徹底ぶりです。

認証機関に認められた農地、厳格な基準を守った農薬や肥料で育てられています。

 

 

 

認証機関の管理

殺虫剤などの農薬を2~3年以上使用されていない農地の使用、基準に定められた有機肥料による土壌作りを行い、決められた肥料のみで栽培をしています。

そして、農地と栽培を第三者認証機関からの認証を受け、初めて “オーガニックコットン” と表示して販売できる綿花が栽培できるようになるのです。

第三者認証機関は、農地をチェックし、管理や栽培方法を調べ、オーガニック栽培の基準に達しているかを確認します。


認証後も、定期的に専属の検査員が農地をチェックし、基準を満たしているか判断しています。


オーガニック製品を調べれば、いつ、どこでとれた綿花なのかがわかるようになっています。

この徹底された管理のもと、オーガニックコットンは栽培をされているのです。

 

 

 

通常のコットンは、農地では種に防虫剤を、土壌に化学薬剤や肥料で消毒、改良します。

綿を育てながら除草剤や殺虫剤を散布するため、微生物は弱り働けないので薬品無しでは育たない土壌になってしまいます。

毎回農薬を使っていくうちに土地はやせ、植物も微生物や虫が寄り付かない土地になってしまいます。

 

それに対しオーガニックコットンの農地では、てんとう虫などの益虫を活用したり、虫の嫌いな匂いなどで害虫駆除を行います。

微生物が活発に働いている豊かな土壌は水分を多く保ち綿花も成長しやすい環境になり、生きた土壌になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

農薬による環境問題

 

通常の綿花栽培では大量の化学肥料・農薬が使われています。

綿花の農地面積が全世界の農地のわずか1%であるのに対し、綿花栽培における農薬の使用量はピーク時は全体の約25%ほどになります。

 

使用量は減少傾向にありますが、害虫の駆除でどうしても必要になってしまいます。

 

また、綿花栽培には十分な水を必要とします。

地下水をくみ上げることで収穫量を増やしており、地下水の枯渇が問題になっています。

 

CO2の排出量はアパレル業界が石油産業に続いて2位です。

綿のTシャツを1枚作るのに何千リットルもの水が使用されているのが現状です。

その他、汚染水、大気汚染、発ガン性やアレルギーの恐れのある薬品の使用など多くの問題を抱えています。

 

 

 

それに対し、オーガニックコットンは、通常のコットンに比べ

 

①地球温暖化47%削減

 

②酸性雨70%削減

 

③農業用水の使用91%削減

 

④エネルギー使用量62%削減

 

 

 

それぞれの内容において、かなりの削減を実現しています。

便利な時代になったからこそ、背景にはこのような問題が起こっていたのです。

 

その分、オーガニックコットンの農法では非常に環境や地球にやさしい製法といえます。

 

 

 

 

 

 

 

 

環境だけではない。社会的規範を遵守した製造

 

オーガニックコットン製品とは、労働の安全や児童労働など社会的規範を守って製造したものをいいます。

通常の綿花を栽培する生産地には、様々な問題が起こっています。

綿花の生産地は発展途上国に多く、その発展途上国による農業は農民の生活が犠牲になっていることもあげられます。

 

貧しい農民達は、借金を背負って農薬を買い栽培をしています。

農場で働く人々は、農薬による健康被害もとても深刻です。

 


遺伝子組み換え種や農薬の使用、栽培を始める前に借金をしなければならない現地の農家、学校にも行かずに労働者として働いている子供たち。

綿の栽培の現状は発展途上国による人権問題にもなっています。

 

農業の部分だけではなく、それを糸にして生地にして製品にする工程においても効率を追い求めれば 薬品に頼ることにもなりかねません。


 

環境だけでなく人権の問題も起こっているのです。

 

 

 

多くの問題を抱えている繊維産業ですが、一方でオーガニックコットンの生産方法のように、土地にも人にも、そして使う人にとってもいい影響や効果を与える生産物もあります。

 

オーガニックコットンの農法は、農薬を使用しないことで農地の環境や生態系やそこで働く人たちの健康や労働環境を守る理想的な栽培方法なのです。

 

 

普段何気なく使っているものも、現代を生きる私たちにとっては改めて考えるいい機会なのかもしれません。

 

 

 

 

 

ちょうどいいサイズのミニバスタオル オーガニックコットン <IMABARI>

販売価格

¥4,620 (税込)

購入はこちら

商品紹介

オーガニックコットンという肌触りを ちょうどいいサイズで。 今治の"ミニバスタオル" オーガニックコットンを使用したミニバスタオルです。 一般的なバスタオルよりもひとまわり小さく使いやすいのが特徴です。 肌に優しいオーガニックコットンを使用しておりますので、お子様や肌が弱い方におすすめです。       …

日本製に囲まれたライフスタイル

afugi (オウギ) ONLINE STORE – "日本製"生活雑貨の通販サイト –

<JAPANMADE PRODUCT BRAND>
生活雑貨の”産地直送”
日本製を嗜むライフスタイル

brand afugi
website https://afugi.net/
open online 24h
tel 03 6820 2079
contact info@afugi.net
instagram @afugi_jp

コメントは受け付けていません。

afugi (オウギ) ONLINE STORE – "日本製"生活雑貨の通販サイト – 日本製の生活雑貨を取り扱うONLINE STOREです。"生活雑貨の産地直送"をテーマに、日常生活に寄り添うライフスタイルプロダクトをご提案しています。日本製を嗜み、豊かに暮らす。そんな心地いいライフスタイルの新たな定番を創造していくブランドです。

日本製に囲まれたライフスタイル

ONLINE STORE:www.afugi.net
CONTACT:info@afugi.net

03 6820 2079

受付時間:10:00 - 20:00

MAPを見る

New title

[easyinstagramfeed]

– ポイントについて –
100円ごとに1p付与されます。“1p=1円”として利用できます。

 

– 送料について –
1配送につき全国一律600円です。15,000円以上のお買い上げで送料無料

 

– お支払いについて –
各種クレジットカード / PayPal / 銀行振込 がご利用になれます

 

お問い合わせ  /  ご利用ガイド  /  よくあるご質問 

内容を確認の上、原則として翌営業日以内にご連絡をさせて頂きます。
お問い合わせを頂いたにも関わらず当店からご連絡がない場合は再度ご連絡ください。